父親のケータイコストの引き落とし金額が、やにわに4,000円も増えました。
パケ放題なので、いかにテレホンしてもスマホでインターネットリンクしても、一定の金額以上にはならないはずです。
己いわく、器具もぜんぜんはずしているし。
だから4,000円は、なにかに課金したとしか思えません。
ほんのりとっちめて、ちゃんとへそくりから払って味わうことにする。
ケータイの明細が郵便で来なくなってしまったので、なんのコストかわからないのが困ります。
ケータイ組合のネットで認証すると明細見れるんですが、設定しないといけなくて、およそ父親は未設定。
きちんと認証できるのやら。
真面目、TELを契約したときに、暗証ナンバーと更になにかパスワードだかIDだかを登録している筈です。
でも、日常使わないので忘れちゃうんですよね。
私も自分のパスワード忘れて、再設定が非常に苦悩だった覚えがあります。
でも、なにに課金したかちゃんと把握しないといけないので、父親にちゃんと認証させて確認しようと思います。キャッシング 金利 安い