大相撲は鶴竜の優勝で終わりましたが、印象的なのは大関昇進を決めた栃ノ心。

大相撲は鶴竜の優勝で終わりましたが、何といっても大関昇進を決めた栃ノ心の相撲は印象に残りました。12日目に過去25連敗中の横綱白鵬と対戦。これまで得意の右四つ左上手でがっぷりで組んでも力負けをしていた相手にどこまで通用するか楽しみでした。恐らくこの形になると思っていましたが、立ち合いでお互い当たりあって右四つ左上手のがっぷりに組み合いました。そこから力比べが始まりました。白鵬の表情が映りましたが、自信満々に組み合っていたので、これは熱戦になると思っていました。これまでの対戦通りにまずは栃ノ心が引き付けてから力任せに寄っていきます。白鵬はいつも通りに腰を落として残します。さらに栃ノ心はつり気味に攻め立てますが、白鵬これも応戦して力比べが始まりました。しかし今回の対戦はこの栃ノ心の攻めにより白鵬はスタミナが切れてしまい、攻撃に転じることができずに防戦一方となり最後は力尽きて栃ノ心が寄り切りました。完全に栃ノ心の力が勝った勝負になりました。これで力勝負で栃ノ心に勝てる相手はいなくなりました。いよいよ時代は変わるかもしれません。ミュゼ 背中

絵本で子供だけでなく大人の心も癒しましょう

子供の頃にたくさん絵本を読み聞かせると、想像力が豊かな子供に育ち、教育にもいいでしょう。また、絵本は自分で読ませるのもいいですが、母親が読み聞かせることによって感情豊かに物語の世界を表現することもできますし、スムーズに話の中に入っていくことができるでしょう。また、今はスマホのアプリでも日本昔話を読むことができますから、活用するといいでしょう。絵本は、物語に親しむということの他、言葉の勉強にもなるので最適です。また、絵本というのは子供だけでなく、大人にもファンタジーや夢の世界を与えてくれます。子供の読み聞かせはもちろんですが、大人にとっても癒しになるのではないでしょうか。創造性のあるものやオリジナリティーがあるものはもっと惹かれます。プレゼントや自分の趣味としても魅力的ですよね。そして絵本は贈り物として選んでもあたたかい気持ちになれるので良いでしょう。癒しの1冊というのを所有していればほっこりできることもあります。すっきりフルーツ青汁 最安

暑さが戻ってきているので熱中症とかに気をつけます

先日は台風が再びきていたので気温も下がり過ごしやすい感じの温度になっておりましたが、台風が過ぎ去ってから夏らし暑さがまた戻ってきていて、35度ぐらいになったりそれを越したりしている感じとなっています。短波とかでは高温注意報の発令が促されているため、熱中症や脱水症に気をつけないといけなくなります。

地元は盆地かつ山奥な田舎街となっているため、夏場の時期は気温がかなり上がり、大変であります。この間は41度ぐらいの気温が出てしまい東京でははじめて40度以上を観測したところとしてテレビとかに出たり、取材陣の方々が地元にある液にきていて撮影とかをしておりました。インタビューとかを受けていた方々もなかには知人の方のお父さんとかがいたのでびっくりしました。

例年では八王子市とかが高温となりテレビとかに出たりしますが、今回はうちの地元であったのでびっくりしましたよ。異常な暑さによって体調を崩す人おいるから気をつけないとね。キレイモ 値段 学割

未来や将来は、私たちが何もしなくて変わっていくもの

自分の将来や未来について、何もしなければ何も変わらないと言ったりします。
でも、自分以外の要因でどんどんと周りは変わっていくだろうし、そうなれば必ず何もしない自分だって煽りを受けます。
そうなれば、いまと変わっていくというのは避けられないようにも思えてきます。
なので、正確に言うのであれば、周りの変化に受動的に流されるのか、それとも自ら変化を起こそうと行動するのかということだと思います。
地球は一年で太陽の周りを一周していて、そして、自転で一日一回転しています。
これは時速で考えるとものすごい速さで動いていることになるのですが、私たちはそのスピードを感じたりすることはありません。
実際にはどんどん動いて変わっているのですが、私たちの生活や身の回りの変化というのも同じように言えると思います。
周りがすごいスピードで変わっているのに、それを忘れてしまったり、自分が変わっていかないと、いつしかきっと取り残されてしまうのでしょう。
いま現状で困っていないからと言ってぼやぼやとしていては、きっとこの先になって後悔することが出てくるような気がしてしまいます。お金を無利息で借りる

市区町村社会福祉協議会でできることのご紹介

社会福祉協議会という施設をご存知でしょうか。一般の方に馴染みがある事業は「赤い羽根共同募金」です。これから、社会福祉協議会でできること(各市区町村で異なる場合がございます)を紹介します。

(1)生活福祉資金の貸付
病気や失業により労働困難な方にお金の貸し付けを行う制度です。貸し付け条件はそれぞれ異なりますので、まずはそれぞれの市区町村社会福祉協議会の窓口に来会するか、電話でご相談ください。

(2)日常生活自立支援制度
障害や高齢のために自己の金銭管理・郵便物の管理などができない場合、本人の代行を支援員が行います。支援を行うにあたっては、能力判定をするためにご本人宅を尋ね、契約事項を確認します。契約した場合、印鑑や通帳をお預かりし、鍵付きの金庫で保管します。支援が始まると、月々に必要な生活費を支援員が代わりにおろしにいき、通帳に記帳、コピーをして本人にお渡しします。また、急に支援に必要になった場合は電話で対応し、訪問日の調整もします。

(3)ボランティアセンターの運営業務
ボランティアをやりたい人、ボランティアを依頼したい人の情報を集約して、広報誌の作成やHPに掲載をします。ボランティアを始める前に、どのような分野(高齢者・児童・障害・お手軽にできるもの)にご興味があるのかお聴きして、ご希望に沿った情報の提供をしています。また、活動できる日時、場所、交通費の有無、単発・短期・長期など事前に条件をお伝えするとスムーズに調整しやすくなります。

この他にも、車いすの貸し出しや福祉用具の貸し出し、部屋の貸し出し(条件あり)など、実施している事業はたくさんあります。(市区町村ごとに異なります)。ご自身の困りごとに該当するものがなくても、関係機関などと連絡をとるなどして、必要な情報の提供をしておりますので、ぜひご利用ください。kireimo 口コミ

苦悩に満ちた学生時代においてピアノが唯一のオアシスだった

私は学生時代は人間関係の苦労が絶えない中、ピアノが唯一の楽しみで心の友でもあり、まさにオアシスの存在でした。事の始まりは幼稚園の時から
ヤマハ音楽教室に行くようになり、それからピアノがとても好きになりました。このようにストレスの多い学校生活の中で、ピアノの存在が生きる価値を
与えてくれたものでした。適性を見出してくれた母親にも感謝しています。家に帰ってピアノの練習をすることがとても楽しみでした。そのような楽しみが
あるので、学校でのいろいろなストレスを乗り越えることができました。50代の今において、ふと卒業アルバムを目にすることがありますが、
学校で過ごしたことよりもピアノにいそしんでいたことばかり思い浮かびます。今も本当にクラシックのピアノ曲がとても好きでよく聞いています。
このような名曲を聞くたびに、ピアノにいそしんでいた学生時代を鮮明に思い出すことが多いです。あの時は本当にピアノが好きで、学校にもピアノの本を
持っていって、休み時間において人と接するよりもピアノの本ばかり見ていました。それも今になっては本当に楽しい思い出です。
学生時代の思い出としては、ピアノの楽譜しか思い浮かばないが、それはそれで楽しいひとときを過ごせたと思います。キレイモ カウンセリング 当日 内容

子供の誕生日プレゼントに、今年はTシャツをプレゼントしました。

私は今年の子供の誕生日プレゼントに、Tシャツをプレゼントする予定でこの間買って来ました。
子供は黄色がとてもよく似合うので、黄色いTシャツにしました。気に入ってくれるとうれしいのですが。まだまだ4歳で小さいので、反抗はしないと思いますが、これがだんだん大きくなるにつれてきっと反抗してくるんだなぁと思うと今がとても可愛らしく思います。
今のこの、「ママ、ママ」と言う状態を忘れないようにしっかりと動画にとってお香と思います。
子供の成長はとても早いですもんね。しみじみします。写真はたくさんあるけれど動画がないって言うのもなんだかなーと思うので、しっかり動画を撮っておきたいです。
私自身親がビデオをよく撮っておいてくれた方なので、結婚するときにもあまり写真や動画に困らなかったです。実際大人になったときに今までの記録をプレゼントしてくれました。
私の子供にも結婚するときに写真が一枚もないと言うことがないように今のうちからアルバムを整頓しておこうと思います。http://www.atsound.jp/

これで考え方が変わった!私を変えたある言葉

以前テレビを見ていた時、ある芸能人が話していた言葉に大変感銘を受けたことがありました。
それからその話がずっと頭から離れず、今では私の信念となっています。
その話を簡単にまとめると こんな感じです。
「人生には”これだけは必要”というものが誰にでもあるもの、それは人によって異なるかもしれないが、私の場合”仲間・筋肉・お金”があれば楽しく過ごしていける」
仲間、筋肉、お金…。
確かに何をするにもどこに行くにもお金は必要ですし、行動するのにバテない筋力はいつまでもキープしておきたいもの 。
それに、お金があればあるほど自分のやりたいことを実現しやすくなるのは確かです。
幸いにも、私は毎日行っているエクササイズや運動のおかげで筋力は人以上にあると思っています。
趣味を通じて知り合った仲間もたくさんいます。
お金も人並みにはあります。
正直なところもっと欲しいですが(笑)
なので、人生を楽しむには全ての条件が揃っているというわけです。
これまでも自分なりに人生を楽しんできました。
しかし今では「もっと楽しめるんじゃないか?もっと謳歌してもいいんじゃないか?」と思うようになったんです。
まだ自分の中で自分の可能性を限定させているところがあると思います。
これから悔いのない生き方をするためにも、もっと自分のすることにオッケーをだしていきたいです。http://www.ohiobiz.co/

おじいちゃんおばあちゃんはどこまで英語が分かるのだろう?

最近というほど最近の話ではありませんが、私たちの生活には多くの外来語が入り込んでいますよね。
スマホだとかパソコンのような最先端技術でもそうだし、そうではない生活の身近な部分にも同じことが言えます。
ぱっと言われて思い付くものも少ないのだが、クオリティ・オブ・ライフだとか、いろいろな概念や考え方において、英語が使われることが多い気がします。
こうしたものはなんとなく意味の分かるものから、まったく耳馴染みがなくて、何を指す言葉なのか想像ができないようなものまであります。
私たちは中学や高校、あるいは大学などでも英語に接する機会が多少なりともあると思います。
普通に仕事をしているときでも、まったく英語と関係がないという人は少ないのではないかと思っています。
なので、それほどこうした英語に抵抗を感じないのですが、よく高齢の方は「横文字なんてわからない」と言ったりすることがあります。
確かに、私たちが子どもの頃と、高齢の方が学生だった時代とでは、いろいろなことが違っていると思います。
でも、まったく英語がわからないということもないと思うので、実際、どのくらいわかっているのかなと疑問に思ったりするんですよね。夜 お金を借りる

まだ、雨が降らず、天気予報にがっかりしています

天気予報では、大雨だというので、外に洗濯物を干さないでいると、いつになっても雨が降らないので、一体どうなっているのかと思っています。こうなると、想定外なので、やることがずれてきたりもするのです。
天気を重視した生活を送り続けてしまい、いつまでも、その名残が取れないのです。車がないということは、確実に天気に左右されますから。
車があっても、カーポートがなかったりすると、雨には濡れてしまいますよね。それでも、直ぐに、車の中に入ることができます。
ずっと、外を歩くのと、車に乗る時だけ目に濡れるのとでは大違いですね。活動の範囲が広がります。
もちろん、毎日雨だろうが、風邪だろうが出て行くお仕事の場合は、あまり苦にならないのかもしれませんが、家にいることが多いと、どうしても、天気が気になるのです。
生活スタイルというのは、人間の生き方にも関係してきます。
個人的に言わせていただくと、やはり、車があったほうが活動できます。ミュゼ やけど 対応

« Older posts